No.61

 「吉ヶ原写真館」へ戻る


58 59 60 もくじ 62 63


2017.11.26
〜 美咲町産業祭「ぽっぽまつり」 リポート 〜


2017年11月26日。深まる秋の下、今年も恒例の美咲町産業祭 『ぽっぽまつり』 が開催されました。
穏やかな晴天に恵まれ、柵原ふれあい鉱山公園は多くの方で賑わいました。


どれもおいしそう!
地元の食材やご当地グルメを並べる屋台がたくさん出て、何を食べるか目移りしてしまいます。
イベントステージも盛り上がっていました。保存会スタッフは、ゆっくり楽しんでいる暇がないのが残念です。


展示運転は、キハ312+702の併結で行いました。
キハ303は、黄福柵原駅で予備車として待機しています。

今年は、立派な臨時出札口が登場。
産業祭には、美咲町の職員さんも展示運転に参加して頂いてます。


そして、今年も実現しました「ふるさと号」!
やっぱりこれが走らないと、産業祭っぽくないですね。

数年前の「ぽっぽまつり」では、飾り付け展示だけ行い、走らなかったこともありました。
車両状態や保存会スタッフの人数など、いろいろ条件が揃わないと走れないのです。


今回の「ふるさと号」は試運転を含めて3往復のみの運転でした。
ご乗車に写真撮影、お楽しみ頂けましたか?


ご来場、誠にありがとうございました。
また遊びに来てくださいね。



2017.12.3


凍てつく朝。平成29年最後の展示運転を迎えました。
エンジンを始動したキハ312から白煙が立ち上ります。


師走の吉ヶ原には青空が広がり、とても穏やかな朝を迎えました。



そして、皆さまにご報告があります。

去る11月13日。駅長猫として皆さまに愛されたコトラが、永眠いたしました。

展示運転のときも、作業のときも、いつもそばで見守っていてくれたコトラ。20年間私たちと共に歩んできた、大切な仲間です。
最近は、なかなか吉ヶ原に来れないくらい体力が弱っていました。
あと一度でも、頭を撫でてあげたかったと思うと、無念でなりません。




数々の偉業を成し遂げたコトラ。その功績を称え、保存会一同から永年勤続表彰を送らせていただくとともに、嘱託駅員解任の辞令を交付いたしました。

多くの方々に見守られながら、ささやかな式典が始まりました。
はじめに、後任ホトフの飼い主でもある司会の高尾よりご挨拶。


代表幹事の斎藤が本日欠席のため、副代表の石田よりご挨拶と、表彰状の授与です。
「ホームの保安性向上等に多大なる貢献をし、展示運転における無事故継続に寄与した功績を讃えここに表します。」


飼い主の森岡直子さん、続いて森岡誠二より、皆さまにご挨拶とお礼を述べさせていただきました。


コトラに最後の辞令が交付されます。
「平成二十九年十一月十四日をもって、吉ヶ原駅嘱託駅員の任を解く。」
コトラ、本当に長い間おつかれさまでした。

滞りなく式典を終え、最後に記念撮影です。
大きな花束やお供え、会津鉄道 芦ノ牧温泉駅様からはメッセージも頂戴しました。みなさま本当にありがとうございました。

飼い主 森岡直子さんよりお預かりしたメッセージを掲載いたします。

吉ヶ原生まれの駅長猫コトラは、黄福柵原行きの列車を見送って、最後の勤務を終えました。
白いベンチからたくさんの来園者の皆さんを見送った駅長の仕事も、12月3日の展示運転をもち、終わりました。
永らく応援して下さり、本当にありがとうございました。
駅長猫発祥の駅『吉ヶ原』は二代目駅長猫ホトフが駅長を引継ぎ、変わらず第一日曜日に、皆様をお待ちしています。
どうぞ、これからも、吉ヶ原へお越し下さいませ。

コトラをかわいがって下さった皆様、美咲町の皆様、本当にありがとうございました。

最後に。
お別れ会でなく、『退任式』として最後まで仲間として扱ってくれた保存会の皆さんに、感謝します。
『ほんまにありがとうやで(^^)』
きっと、そう言っていると思います。
皆さんのことが大好きだった駅長猫コトラを、覚えていて下されば、幸甚です。

これまで本当にお世話になりました。

                                                森岡誠治・直子@駅長猫コトラ飼い主 




12時15分。哀悼の意をこめて汽笛を吹鳴し、コトラが見送る最後の列車が吉ヶ原駅を発車しました。

コトラ、本当にありがとう。
可愛がってくださいましたみなさまに、感謝申し上げます。





なつかしい、数々の思い出…  まる吉カフェの店先には、たくさんの写真が飾られました。
どれも大切な一コマ。手に取って見つめると、涙が込み上げてきそうです。



澄みきった青空の下、キハ312が走ります。 ただ時刻通りに、淡々と。 それが当然であるかのように。




そして、2017年の展示運転に幕を下ろしました。





58 59 60 もくじ 62 63


 「吉ヶ原写真館」へ戻る