No.64

 「吉ヶ原写真館」へ戻る


61 62 63 もくじ


2019.4.7


平成31年4月7日

平成最後の展示運転を迎えました。
片上鉄道が廃止になったのは、平成3年6月。あれから28年もの歳月が流れ、時代は移り変わります。


「さようなら 平成号」の特製ヘッドマークを付けて、キハ303が走ります。
まさか平成の時代が終わるまで走り続けるとは、夢にも思いませんでした。

片上鉄道保存会は、平成の時代に結成し、活動を続けてまいりました。
平成最後と思うと、やはり名残惜しい気がします。


3月に『木村鉄道社員研修』御一行様に塗装していただいた、ホハフ3002。
TVドラマ撮影のために白帯をまとい、連合軍による接収車を再現しています。
白帯には「ALLIED FORCES」の表記を入れていますが、今回はいろいろと配慮し、紙を貼って隠してあります。


午後からは少し曇ってきましたが、おだやかな春の展示運転になりました。


満開の桜! お昼休み、黄福柵原駅で停車中のキハ303を本線に移動させて、撮影タイムです。
もう少し晴れてくれたら良かったのですが、様々なアングルで撮影して頂けたのではないでしょうか。


キハ702が久しぶりに走行しました。
キハ303との併結で、黄福柵原から本線までの試運転です。
補機駆動軸の調整中で、本務復帰にはもうしばらく時間が必要です。

2019.5.4〜5


気持ちのいい快晴! 風薫る、5月のゴールデンウィークがやってきました。
今年も臨時の展示運転とあわせて、二日間続けての運転となりました。


祝! 新元号 『令和』!
「こんにちは 令和号」のヘッドマークをつけて、片上鉄道は新しい時代へと駆け出します。

片上〜和気間が開業したのが大正12年。柵原までの全線開業は、昭和6年。
古き良き昭和の情景を、新しい時代にも語り継いでいきたいと思います。


今年は10連休というスペシャルなゴールデンウィーク!
遠方からもお越しになり、吉ヶ原駅はご家族連れや鉄道愛好家で賑わいました。
使用車両は、キハ702と303の併結です。


レトロリレーバス、今月は1987年製の備北バス6E型が活躍。
これは是非とも乗ってみたいです〜 カラーリングもいいですね。
黄福柵原駅前から発車し、「津山まなびの鉄道館」へ向かいます。


展示運転後は、作業を続行します。
踏切の通行がしづらい状況が続いており、ご迷惑をおかけしております。



61 62 63 もくじ


 「吉ヶ原写真館」へ戻る